競馬学校の勉強法をカミングアウト<対策がバッチリ>

しっかり対策をすれば怖くない【競馬学校合格を目指して】

受験をするなら

競馬学校の試験を受けるのであれば、専門用語などの基礎知識を学んでおくと良いでしょう。以下にはよく使われる言葉が書かれているので、参考にすることができますよ。

よく使われる言語

競馬

息をいれる

全速力でレースをしていたら馬が疲れてしまいますが、速度を落とすことによって馬の体力を維持することができます。また、「足をためる」とも言われているので、覚えておくと良いでしょう。

逸走

馬によっては走っている途中でコースを外れてしまうことがあります。それを逸走といい、レースを再開させるなら逸走した場所からスタートしなければならないというルールがあります。

見せ鞭

馬にも感情があり鞭で叩かれることによって、びっくりしてしまったり、走ることが億劫になってしまったりすることがあります。それを防止する為に鞭を馬の目の前で叩くという対応が必要です。

天神乗り

天神乗りは馬の前方に体重がかかるようになっています。ですので、馬のスピードを緩めたい時などにこの方法が用いられることがあります。他にもモンキー乗りという方法があります。

仕掛ける

ラストスパートで疾走したい時に使われる言葉となっています。レースの状況をよく確認して判断を出すことによって、1位を狙うことも夢ではないと言えるでしょう。

競馬学校の勉強法をカミングアウト<対策がバッチリ>

競馬

過去問の入手法

競馬学校では筆記試験が行なわれますが過去に実施された問題集やテキストを書店には置いていないということがほとんどです。その場合は、専門学校に問い合わせることで過去問を受け取ることが可能となっています。

競馬

国語と社会

筆記試験では主に国語と社会の問題が出されています。ですので、今まで学校で習ったことをおさらいしておけば合格点を取ることはできると言えるでしょう。教科書やノートは捨てずに残しておくのがポイントです。

馬に乗る人

集団面接

集団面接では他の受験者と比べられることも考えられるので、自分の言葉に変えて話しをするのが良いと言えるでしょう。大人数の中で喋るのは緊張してしまうので、練習を積み重ねておくことが大切です。

合格した秘訣を先輩に聞こう

競馬

暇な時間は全部勉強にあてた

僕は馬が好きだったので、競馬学校に合格するぞと心に決めていました。ですので、休みの時間だけでなく学校の休憩時間であっても勉強をしたから合格ができたのだと思っています。

熱意で打ち勝てた

自分はプロになるのが子供の頃からの夢だったので、情熱だけは誰にも負けません。そのことを丁寧になおかつ分かりやすく面接官にアプローチをしたから合格したと考えています。

ダイエットをしていた

私は太りやすい体質だったので、夜はあまり糖質のある食材を食べないように注意していました。そうすることによって、60㎏を下回ることができたのです。合格するには努力が必要です。

鍛えていた

競馬学校は知識だけでなく体力も必須科目になっていると聞いていたので、体力づくりを毎日していました。そのお陰か昔よりも体が強くなってきた気がします。無事合格することもできましたよ。

健康体になること

試験では、身体測定や視力などを観測されることもあるとサイトに掲載されていたので、普段から健康を意識するようにしていました。

広告募集中